ハウスクリーニングの作業工程について

ハウスクリーニングは、室内の資産価値を保つ上で非常に大事な作業になります。そのため、入居者入れ替えのタイミングでは必須で行うべき事項です。しかし、ハウスクリーニングの作業工程を知らないオーナーや不動産会社は、意外と多いのが事実です。今回はハウスクリーニングでは代表的な、以下の項目の作業工程を紹介します。

フロアクリーニングの作業工程

フローリングクリーニングの作業工程は以下の手順になります。

  1. 特にフローリングと壁部分(巾木)の養生を行う
  2. 表面の洗浄をする
  3. モップなどで水分をふき取る
  4. ワックスもしくはフロアコーティングを行う
  5. 数時間乾燥させた後に、家具を戻して完了

家具の移動

フロアクリーニングは最後にワックスを塗ることが多いです。そのため、全面を掃除してワックスを塗る必要があるので、家具付きの住戸の場合は家具の移動を行います。あまりに大きな家具が入っている場合には部屋を分けてクリーニングすることもあります。

部屋の養生

ワックスを塗る時や清掃をするときには清掃器具を利用します。その清掃器具が壁面に当たって傷がつかないよう養生します。

表面の洗浄

まずは表面部分の埃や汚れをふき取ります。ワックスを塗る場合には水拭きをしても問題がないので、水拭きをして丁寧に表面の汚れを除去します。この時に少しでも埃などが残ってしまうと、ワックスの中に埃が入ってしまい見栄えが悪くなります。

水分のふき取り

ワックスを塗る前に水分を完全にふき取り、乾燥させた状態にします。水分を拭き取るときは、モップなどを利用して拭き取ることが多いです。

ワックス、フロアコーティングを行う

ワックスをする場合でもフロアコーティングをする場合でも、複数回塗る事が多いです。最初に薄く塗っておき、その後に丁寧に塗るという流れをとります。複数回に分けて塗った方が綺麗に塗ることができ、更にワックスの持ちも良くなるからです。

乾燥させる

ワックスやフロアコーティングをした後は完全に乾くまで数時間待ちます。仮に1部屋ずつ作業している場合には、作業時間が1日かかる場合もあるので、その点は良く認識しておきましょう。ワックスが完全に乾燥したらフロアクリーニングは完了となります。

キッチンクリーニングの作業工程

キッチンクリーニングの作業工程は以下の手順になります。

  1. 換気扇まわりの壁面を養生する
  2. 分解できる器具を取り外しつけ置きする
  3. 手洗浄しつつ、高圧洗浄及び、熱洗浄を利用して汚れを除去する
  4. キャビネットや棚まわりの掃除をする
  5. 壁面を掃除してガスコンロ部品類を取り外してつけ置きしておく
  6. ガスコンロ部分とシンク部分、排水口などを掃除する
  7. 全体的に乾拭きをして完了

換気扇まわりの壁面を養生

換気扇まわりの汚れがつかないように、換気扇付近を養生します。

分解できる器具を取り外し、つけ置きする

換気扇で分解できる部分を全て分解して取り外します。取り外した部分でつけ置きできる部分はつけ置きし、汚れを除去しやすい状態にします。

洗浄

つけ置きした部分を洗浄して、換気扇の内部も洗浄します。特に油汚れは入念対処にします。

キャビネットや棚まわりの掃除をする

換気扇まわりの掃除が完了したら、キッチンのキャビネットや棚まわりの清掃に移ります。水拭きと乾拭きで、油汚れや埃を除去します。

壁面&ガスコンロの掃除

壁面も水拭きと乾拭きをして綺麗にします。また、ガスコンロまわりのゴトクなどの部品をつけ置きしておきます。

ガスコンロ&シンク&排水口の掃除

つけ置きしておいた器具を手洗浄して、ガスコンロも掃除します。油汚れが多いので、洗剤を利用して水拭きしてから乾拭きするという掃除方法です。また、シンクや排水口も同じように清掃をします。

全体の乾拭き

最後に全体を乾拭きして完了です。

浴室クリーニングの作業工程

浴室クリーニングの作業工程は以下の手順になります。

  1. 照明器具、換気扇などの掃除
  2. 天井、壁面、床、蛇口、排水口などの掃除
  3. 鏡の掃除
  4. 浴槽の掃除
  5. 浴槽側面(エプロン部分)
  6. 全体の乾拭き

照明器具や換気扇

浴室を掃除するとき、まずは上部から掃除をします。照明機器は取り外し、ランプ周辺の汚れを取り除きます。また、換気扇は埃だけでなく、通常だと手の届かない部分も取り外し掃除をします。

天井、壁面、床、蛇口、排水口

その後に天井、壁面や床面を隅々まで掃除、蛇口、排水口まわりの清掃に移ります。水垢やカビなどを除去して、場合によってはカビが出来にくいコーティングなどを行います。

鏡の掃除

一番水垢が出やすく、かつ水垢が取り除きにくい鏡部分の掃除をします。特殊なスポンジや専用の洗剤を利用することが多いです。また、曇り止めや水垢のしにくい(水はね加工など)コーティングをする場合もあります。

浴槽の掃除

浴槽の中を丁寧に掃除します。水垢もそうですが、浴槽側面部分のエプロンを取り外して清掃します。抗菌&防カビ効果のあるコーティングをする場合もあります。

全体の乾拭き

最後に換気をしつつ、全体の乾拭きをして作業終了となります。