システムが行う空室対策

 
 
賃貸市場は、すっかり物件過多になり空室が埋まらないと嘆くオーナーが続出しております。
そんなオーナーに対し、空室を埋めるためにはどんな方法があるのかを、合理的に説明・提案するのが本来の不動産業者(不動産管理業者)の仕事です。
ところが、不動産業者からの提案といえば、合理性のない家賃値下げと、高額なリフォームの提案ばかりです。
そこで当システムを使い、オーナー自らが空室物件をいち早く埋める方法を考えてみましょう。
最小限の内装リフォームと、最小限の賃料値下げで、なんとか空室を埋める、そんなお助けシステムです。

どの部分をリフォームすると賃貸が決まる確率があがるのか、またその確率はどの程度上がるものかをスコアを使って表します。
(スコア50が地域における平均空室期間です)


最終スコアによる判定目安
①スコア20~29ほぼ決まらないでしょう(賃貸募集する価値がありません)
②スコア30~39滅多に決まらないでしょう(空室期間1年~2年覚悟してください)
③スコア40~49決まりづらいでしょう(空室期間半年~1年覚悟してください)
④スコア50  近隣の物件と同様のスピードで決まるでしょう(平均通り)
⑤スコア51~60近隣の平均よりやや早く賃貸が決まるはずです。
⑥スコア61~68現状のまま特に工夫することなく決まるはずです。
⑦スコア69~74かなり決まりやすい状況です。
⑧スコア75~ 一発の案内で決まると思われます。お家賃多少の値上げ検討も可能です。
 
 
システムが行う空室対策画面に進みますか?