原状回復工事業者の選び方

原状回復工事業者をどんな基準で選んでいるでしょうか。おそらく、「適正な価格」「対応スピード」「正確さ、丁寧さ」「知識、ノウハウ」などの要素で、原状回復工事業者を選んでいる会社が多いと思います。もちろんこれらの要素は大切ですが、一番大切な要素は「ターゲット」になります。

つまり、原状回復をした後に、「だれをターゲットに」賃貸募集をするのか。その点をしっかり理解していないと、適切な原状回復工事ができないということです。

お部屋のニーズを見極め効率の良い施工をする

お部屋のニーズとは、具体的にいうと「単身か?ファミリーか?」「男性か?女性か?」「収入は?」「生活レベルは?」ということです。どんな人が住むことになるかをしっかりと予想した上で原状回復をすることができれば、費用対効果の高い原状回復工事をすることができます。つまり、原状回復工事とは、単に「部屋を補修する」のではなく、お部屋のニーズに合わせた補修をすることが必要ということです。

たとえば、原状回復工事をする部屋が「単身の女性」をメインターゲットに置いていたとします。そうなると、クロスやフローリングなどは通常通りの補修で良いかもしれません。ただし、臭いだったり衛生面だったりを気にしやすい「水周り」に関しては重点的にケアする必要があります。

そのため、たとえばハウスクリーニングのプランを、水周りだけグレードをあげたり消臭効果の高いクリーニングを実施したりという対応をします。ほかにも、レンジフードやキッチン収納などのキッチン周りも、劣化していたら重点的に補修した方が良いかもしれません。

一方で、「単身の男性」がターゲットであれば、そこまでケアする必要がない場合も多いです。そのため、適切な原状回復工事の内容にすることができ、無駄な出費を防ぐことができます。

原状回復工事は「補修する」だけではない

原状回復工事は単に補修するだけではありません。ターゲットを見極めることによって、前項で言ったように「効率の良い工事」をすることができます。効率の良い工事をするだけではなく、的確な原状回復をすることによって空室率の改善にもつながるのです。

特に賃貸マンションは、室内状況により空室率が大きく左右されます。当然ながら、賃貸マンションは「室内」が商品そのものなので、その商品の保存状態の良し悪しが売り上げに直結します。その保存状態を左右するのが原状回復工事であり、前項のような効率の良い工事が出来れば、自ずと空室率の改善につながっていくのです。

また、もしかしたらニーズを見極めることで、原状回復工事の延長で「リノベーション」をした方が良いという結論になるかもしれません。そのような提案が出来るのも、ターゲットの見極めが重要になってくるのです。

ノウハウと実績の重要性

では、そもそもニーズを見極め、費用対効果が高い原状回復工事を「提案」できる業者は、どのような業者なのでしょうか。そのような業者は、原状回復工事のノウハウと実績がある当社のような会社です。ノウハウと実績があれば、「ニーズ」を見極めて、的確な工事の提案をすることができます。

また、当社であれば、積上げた実績やノウハウは全スタッフが身についています。そのため、簡単な補修であれば業務担当者も行うことが出来ます。なにより、業務担当者が簡単な補修を行えるということは、実体験を基にした工事の提案が出来るということです。

原状回復工事を依頼する業者は、ノウハウと実績のある会社を選びましょう。そのノウハウと実績がある業者は、原状回復で一番大切な「ターゲットの見極め」を行うことができます。その「ターゲットの見極め」が、結果的に費用対効果の高い原状回復工事に繋がっていくのです。