原状回復は部屋全体に対して行う工事ですが、細かく分けると様々な「場所」があります。その「場所」は、大きく分けると以下の7か所です。

これらの場所は、その場所ごとに原状回復のポイントが異なります。この原状回復工事を行う時には、上記箇所の特徴を掴まないといけません。たとえば、水周りは「水垢」や「カビ」などの注意点があります。そこを重点的に原状回復工事することで、賃借人の満足度も上がってきます。

このような箇所ごとの注意点やポイントは、「経験」がモノを言ってきます。原状回復工事経験によるノウハウが蓄積されて、箇所ごとの「ポイント」が整理されてくるのです。そのポイントをいかに抑えて原状回復工事に臨むかで、賃借人の満足度が変わり、結果的に空室率の改善にもつながってくるのです。