トイレの原状回復

トイレに関しては水まわりの中でも、最も「衛生面」を気にする場所です。トイレは使い方によっては、クロスやシート(劣化)が激しく劣化している場合もあるので、十分に注意してチェックしましょう。また、トイレは最新設備がどんどん入れ替えられています。そのため、最新設備を導入した新築マンションの後に見学したときなどは、旧式の設備であるとギャップを感じる場合も少なくないです。

特に、水まわりは全般的にそうですが、「女性」を意識して原状回復工事にあたらなければいけません。男性目線ではなく、女性が見てどう思うか?という視点が大切なのです。そんなトイレの原状回復について、以下の3点にポイントを絞って解説していきます。

ポイント1 汚れ

トイレは何といっても、まずは汚れの除去が大事なポイントです。特に男性入居者の後ですと、汚水が床やクロスに飛び散っている場合もあります。また、その汚れには普段は気づかずに、改めて原状回復のときに気づくというケースも少なくありません。

便器自体の汚れはもちろんですが、排水口(手洗い)部分やタンクまわりのクリーニングも重要です。特に排水口(手洗い)まわりは水垢なので除去しにくいに汚れでもあります。そのため、専用の薬剤やクリーニング方法を熟知している原状回復業者を選ぶ必要があります。

ポイント2 クロスやシートの劣化

トイレのクロスやシートは、洗面化粧台以上に劣化している可能性があります。また、クロスやシートはもちろん、便器の内部ではなく外部のクリーニングも大切です。特に、シートと便器との境目部分も汚れが溜まりやすく、重点的にクリーニングが必要な箇所でもあります。

クロスやシートがあまりにも劣化していたら、クロスもシートも貼り替える必要があります。ただ、費用的な面を考えても、出来ればクリーニングで終わらせたいところです。そのため、クロスやシート専用のワックスや、時には補修ができるような原状回復業者に工事をお願いしたいところです。つまり、クリーニングもできつつ、簡単な補修作業ができる業者がベストということです。

ポイント3 トイレ設備の入れ替え

洗面化粧室と同様、トイレも設備の入れ替えを検討するべきときがあります。トイレ設備自体が劣化したときもそうですが、周辺の賃貸マンションなどと比較して仕様が古いときも替え時です。トイレの仕様は見た目的に分かりやすいです。たとえば背面収納があったり、手洗い場所が別であったり、タンクレスだったりというように見た目に大きな違いがあります。

過剰な設備の入れ替えをする必要はありませんが、それを見極めるために最近のトレンドを知っている原状回復業者に依頼することをお勧めします。なぜなら、原状回復工事の案件を多く請け負っていれば、今の賃貸マンションのトレンドなどが把握できているからです。トレンドが把握できれば、適切なアドバイスができます。

箇所別 原状回復のポイント